グッバイ デンティスト (歯と歯茎の健康についての話)


  この頃すこぶる歯の調子が良い。未治療の虫歯もないし、歯茎からの出血も全くない、2年間ほど歯医者のはおせっかいになったことはない。しかしこうなるまでは、試行錯誤していたのである。でも歯の健康を保つ秘訣はきわめて簡単な事だったのである。

  結論から言うと決め手は、電動歯ブラシ歯間ブラシ。この二つの併用であなたを歯医者さん通いから開放してくれます。あと、甘いものを控える事ですね。これはちょっと辛いかもしれません。

不思議な夢
  私はもともと歯が丈夫な方でした。それは幼少のときから砂糖が多く入った甘いお菓子が好きではなくて、スルメや素昆布など硬いもの酸っぱいものが好きでした。それでも歯磨きを念入りにしなかったため、小学生のときに奥歯に2本ぐらい虫歯を作ってしまいました。治療したつもりだったのですが治療を不完全なまま中断していたため、虫歯が徐々に大きくなり、歯医者に行くたびにかぶせる金属の大きさが多くなってしまいました。40歳ぐらいになって近所の腕利きの歯医者によって全く完治する事が出来ました。
  20歳の後半ぐらいに全く虫歯が痛くないのに歯がうずく夢を良く見ました。朝起きてみると何ともないのですが夢ではしっかりと右の上あたりがうずくのでした。虫歯の2本はいずれも左側の下側です。不思議なことがあるものです。
  30代の前半に歯茎がはれて、歯磨きをすると必ず血が出るようになってしまいました。そしてどうやら右の上側辺りの歯茎が痛みます。
  歯の健康に関する書物を買ってきて読むと、「歯だけに歯磨きを行なっていると歯茎の血行が悪くなり炎症を起こして、それが痛みとなって現れる」と書いてありました。 確かにをみてみると、ピンク色というより赤色に近い状態です。それからは歯ブラシで歯だけではなくて歯茎もブラッシングするようにしました。最初は歯磨きをつけて歯茎をブラッシングするのに抵抗があったのですがそのうちになれてきました。
 程なくして歯茎の脹れは収まり、出血ほとんどなくなりました。確かに書物に書いてあるとおりです。ただし、出血の方はたまにリンゴなどをかじるとやはり出ていました。どうも歯周病にかかっていた様です。当時は歯周病と言う言葉も一般的ではありませんでした。
 右側の上が悪化したのは私は右利きなため、どうやら左側は良く歯磨きするのですが右側、特に右の上側の歯磨きがおろそかになるようです。

電動歯ブラシ
  30代後半になると電動歯ブラシが世の中に出現し、私はこれに飛びつきました。面倒くさくなくて良いと思ったのでした。効果はすばらしく、強力なパワーで念入りにブラッシングするために歯茎からの出血と完全にオサラバする事が出来ました。当時歯科医の世界では電動歯ブラシは推薦されていませんでした。大変効果が大きいのに推薦しないのはちょっと保守的だなと思ったものです。現在では歯科学会も効果を認めて電動歯ブラシを推薦している様です。電動歯ブラシを使い始めてからは歯茎の調子はすこぶる安定しました。電動歯ブラシは研磨力が強いのではないかと考えて、研磨剤の入っていない歯磨きを探したところサンスターから出ているGUMと言うのが出ていました。これも歯周病を予防する効果があったらしく歯茎は10年ほどノントラブルでした。たまには歯石を歯医者さんで取ってもらっていました。歯医者さんからも良い歯だと言われ、「この調子だと死ぬまで自分の歯で食事できます。」と言われたものです。

突然の激痛
  ところが50歳を過ぎたある日突然に歯茎が猛烈に痛みだし、歯医者さんにかけ込みました。診断の結果歯茎に食べ物のカスがつまりそれが原因で歯茎が炎症を起こしていた様です。歯茎から膿を出してもらったとたんスッキリと治ってしまいました。
  どうもいくら電動歯ブラシであっても歯と歯の間の食べ物のカスまでは取ってくれない様です。そこでそれからは心を入れ替えて毎朝、歯間ブラシを使って歯と歯の間の食べ物のカスを取り除く事にしました。本当は毎食後に行なうのが良いのでしょうが、外出しているときはそうも行きません。

歯間ブラシの効果

  歯間ブラシは以前に使った事があるのですが電動ブラシを使ってからは面倒くさくなって使用するのを中断していたのです。 最初最も小さいSSサイズでも入りにくかった歯と歯の間の隙間も使っているうちにどんどん広がり、何と奥歯ではLサイズでもガバガバになるくらいとなりました。そして歯間ブラシの使用を再開した直後には発生した、歯間ブラシがあたる部分の出血も2〜3回の使用で収まってしまいました。歯間ブラシの効果もすばらしく歯と歯の間の隙間が広がってしまったのは脹れていた歯茎が健康な状態になり、その部分の歯茎が引き締まったために隙間が広がったのが原因の様です。おかげで歯と歯の間にますます食べ物のカスがつまりやすくなって、毎日必ず歯間ブラシを使わなければならなくなってしまいました。
  1ヶ月ほど経って歯茎の色に変化が見られるのに気がつきました。それまでピンク色であった歯茎は赤みが少なくなり白っぽくなっていました。「ウームこれはどこかで見たことがある歯茎だぞ。」思い出しました幼少の頃飼っていた柴犬の歯茎です。その犬は私達家族が食べ残した魚の骨など硬いものばかり与えられていました。歯磨きをしていないのにもかかわらず、歯や歯茎が大変丈夫でした。いつもハアハアと息を吐きながら顔を舐めに来るのですが、不思議と口臭はありませんでした。歯茎が弱くなるのは現代人の食生活と関係があるといわれています。昔ほど硬いものを食べなくなったせいで歯茎が弱くなっているのだそうです。だから歯茎のマッサージが必要になるというのです。

人の口臭、私の口臭

 そう言えば口臭が多い人は歯茎の色が赤みを帯びている場合が多いようです。私の経験からすると自分の歯茎の調子が悪いときほど人の口臭が気にならないような気がします。逆に歯茎が大変健康な時は、人の口臭が気になるときがあります。人の口臭が気にならない人はぜひ自分の口臭をチェックしてみてください。口臭は万人同じようなニオイですから自分が口臭を持っていると、そのニオイに対しての感覚が麻痺してくる可能性があります。逆に他人の口臭が気になってしょうがない人は歯茎が健康なのかもしれません。

健康な歯茎はピンク色?
  「健康な歯茎の色はピンク色」というのは誤りだと言えましょう。ピンク色ではまだ不健康で、若干炎症を起こし気味の歯茎の色だと言えましょう。では健康な歯茎の色は何色と表現できるのでしょうか?おうど色というのでしょうか?ピンク色をもっと白っぽくして赤みを抜いたような色です。決してピンク色ではないです。あなたの歯茎がきれいなピンク色ならきっと炎症を起こしています。
  健康保険制度が破綻しようとしているとき、国民医療費を抑制するのは緊急の課題だと言えます。その中で歯の治療費の負担額も結構大きいと思います。健康保険の本人負担額も3割に引き上げられてしまう様です。
  電動歯ブラシと歯間ブラシで、将来支払わなければならない歯の治療費をぜひ節約してください。でも定期的に歯医者さんで歯石を取ってもらいましょう。

電動歯ブラシは充電器と本体の間にコネクタがないヘ非接触の充電器を使用しているのがコネクタが錆びなくて良い。

 歯間ブラシをあれこれ試してみるのも面白い。奥歯などに使用する大きいサイズのものはL型のものを使用し、前歯などに使用するサイズの小さいものはストレートのものが良いと思う。

 

ホームページに戻る