手作り人生ブログ

Apr.2006
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
処理時間 3.058167秒
米国で無線LANを使うのに四苦八苦
米国出張にはじめてノートパソコンを持っていきました。
私は行き当たりばったりの旅行が得意ですが、それでも現地でインターネットがあれば安いモーテルを探したり、部品を売ってそうなお店を探すのに便利です。

そこで出張直前にノートパソコンを買おうと思ったのですが、気に入ったものは納期が2週間ほどかかるのでボツ。

結局会社の測定用ノートを臨時で持ち出すことにしました。
ところが使っていると、タッチパッドの動きが変になって右クリックが全く効きません。

ホテルの近くに大規模家電店があったのでとりあえずマウスをゲットしてしのぎました。

後で判明したのですがタッチパッドのモードに入っていたようです。
パッドを知らないうちにたたいていたようです。

ロスのホテルは取引先が紹介してくれた高級ホテル(とほほ財布が痛かったです)だったので無線LANは問題なく繋がりました。

三泊目からは宿泊費を思い切りケチったので無線LAN設備はモーテルには無く近くのネットカフェのおこぼれの電波を頂戴して繋ぎました。

五泊目に泊まったところは無線LAN設備が完備していると言ううたい文句だったにもかかわらず繋がっても、遅すぎてタイムアウト!

どうやら放送機器の展示会に来たエンジニアの宿泊客達がいっせいにアクセスしている様です。

しかたなく30分5ドルをはたいてネットカフェでメールを送受信。

ラスベガスからロスに戻ってきて無線LANがあるか訪ねながらモーテルを探す。
GUEST BEVERLYと言うモーテルに宿泊

インターネットに快適に繋がりメールの受信もOKなのだがメール送信が「533エラー 送信先はリストにありません」見たいなエラーが出てだめ。

メール送信は、今わかったのですが、スパムメール遮断措置のレベルがホテルのプロキシサーバーによってまちまちだったようです。

あるホテルではSMTPの認証にチェックを入れるだけでよかったのが、他のホテルでは送信前にメールサーバーから受信しなければ送信メールを受けない設定(APOPまたはPop Before SMTP))を行っているところがありました。

気が付けばなんてことないのですが判るまでは大変です。
昨夜から3連泊したこのホテルでは、SMTP認証とPop Before SMTPの両方にチェックを入れてやっと送信できるようになりました。

米国ではスパムメール遮断のための措置が進んできているようです。
それに引き換え日本のメールサーバーはガードが甘いようです。

確かに、英文のスパムメールはこのごろ減ってきています。
それに引き換え日本語の迷惑メールはものすごい量のメールが毎日送りつけられています。

苦労したメール設定もわかってしまえばどうってことないのですが、判るまでは大変です。

今までいったん繋がったメールサーバーはどこでも即座に繋がっていたのですが、接続するプロキシサーバーによって設定緒を変えなければならなかったわけです。

これからは、いつもSMTPの認証にいれて、かつPop Before SMTPにもチェックを入れておくことにいます。

旅の終わりになってやっとメールの送受が快適に行えるようになりました。

とほほ
- : comments (x) : trackback (x)
幼児ポルノ天国ニッポン
vimax>6/20
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 348 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。