音のデジャブ アジア編 (アジアの歌が好き!) 

 デジャヴ(既視感)とは、昔どこかで見たことがあるような風景に出会う不思議な感覚のことを言いますが、音や音楽についても同じような経験があります。言うなれば既聴感ですね。
「この音楽はどこかで聴いたことがあるぞ」と思うような、アジアの名曲を「音のデジャヴ」アジア編として紹介したいと思います。またあまりヒットしていなくても是非とも聴いていただきたい名曲は積極的に取り上げるように心がけております。

 曲名をクリックするとMP3でおよそ45秒間試聴することが出来ます。ディスクに保存するか、実行するかを尋ねてきた場合は、「上記の場所から実行」を選択してください。パソコンの設定を書き変えてしまうような怪しいプログラムは全く入っていません。ダウンロードされるファイルはMP3のデータだけなので御安心ください。

  これらの曲はJASRACに登録されていない曲なのでMP3で試聴可能にしてあります。

  目的の曲名にリンクを張りやすい様に曲名の頭にブックマークを付けました。WEB編集ソフトでこのページを開くとブックマークを表示させる事が出来ます。どうぞ御利用ください。

 出来る限り作詞者、作曲家、編曲家の情報を掲載するようにしました。現代の風潮はどうも歌手一人が異常に持ち上げられて、作詞者、作曲家、編曲家や録音家の方々の功績が軽んじられているような気がしてなりません。

 



Tirai Semalam/ Titi Nurbaliza

 1997年に社員旅行でマレーシアのペナン島に行ったとき街でよく流れていたのでCDを買ってきました。 CDの説明書はマレー語で書かれており、ちんぷんかんぷんで歌手の名前すらわかりません。日本人の歌手にはない歌唱力を持ち且つ、親しみやすそうな感じのかわいい子の様でもありすごい美人でもあります。この曲はカンツォーネのような響きがあるのと異国情緒がほのかに漂うので気に入っています。
 アジアの街に出かけるとふと懐かしい光景に出くわす事があります。一言で説明できないのですが道路の脇にどぶ川が流れていたり、木の電柱に出会ったりと子供の頃見たような景色に出会うことがあります。



♪母の思い出  / パク・スニャン

作詞 チョン・ドンウ 作曲 ソ・ジョンゴン

   近頃発売されているCDは伴奏がほとんどシンセサイザーでストリングスの入ったオーケストラサウンドの伴奏に出会う事はまずありません。生音の演奏に飢えていた私は「北朝鮮の音楽だったらシンセサイザーは使われていないだろう」と思って秋葉原デパートで「北朝鮮歌謡曲集」なるCDを手に入れました。家に帰って聴いてみると何と伴奏はすべてシンセで「ポチョンポ電子楽団」と言う、メンバーの多くが「人民芸術家」や「功勲芸術家」などからなるオーケストラの伴奏でした。音楽のデジタル化が社会主義国にまで及んでいるのには面食らいました。
 この曲を聴いていると母を思う気持ちは民族が変わっても決して変わらない普遍的な思いであることに気がつかされます。
 北朝鮮による拉致事件は日本社会に大きな波紋を投げかけています。また二つの国の狭間で新たな母と子の別離を生んでいます。日本人拉致事件が発生する数十年前には何十万人もの朝鮮半島の住民が日本に強制連行されて親子の悲惨な別離があったことを、私たち日本人は心にとめておく必要があると思います。



♪心痛的感覚 / 蘇?

 台北に社員旅行で行った時に80年代に台湾でヒットした曲を収録したCDを買ってきました。その中に納められていた可憐な曲です。めずらしく日本の漢字で表現することが出来ました。日本と中国は漢字文化の国ですが、漢字の略し方が異なるため多くの漢字が読めなくなってしまっています。日本、韓国、北朝鮮、中国、中華民国は早急に略体漢字の統一を図るべきです。
 この曲の解説書を読むと「女子心聲」 「女人的共同心情」と言う文章が見あたりました。何となく解ったような気がします。恋する乙女の切々とした心の痛みが伝わってきそうな名唱です。80年代の台湾にはこのような純真な唄があったのですね。84年のヒット曲だそうです。



♪化蝶 / 張也

 長野冬季オリンピックの女子フィギアーの自由演技で中国選手が使っていました。「添い遂げることの出来ない愛する二人が二羽の蝶になって思いを遂げると言う中国の民話を元にした曲です」とNHKのアナウンサーが解説していました。娘の茉莉が「聴いたことがある。ビデオで見た中国映画で使われていた曲と同じだ」と言います。後ほど「永遠の恋人たち」と言う中国映画のビデオを見ると確かに使われていました。ストーリーも「化蝶」そのものでした。
 この曲で中国選手(チェン・ルー [陳露])は見事銅メダルに輝きました。中国選手は銅メダルでも最高にうれしい表情を見せていました。それに引き替え優勝候補の中国系アメリカ人であったクアン選手は、若干15歳の米国選手に敗れて銀メダルに終わり、憮然とした表情だったのが印象的でした。
 秋葉原デパートで入手した中国深情民歌というCDに偶然「化蝶」という題名で収録されていました。「永遠の恋人たち」のサウンド・トラック、長野オリンピックでBGMに使われていた曲とも演奏は異なって中国民謡の雰囲気がより強く出ています。張也と言う歌手は中国民謡の歌姫らしく、その恐ろしく伸びる高音はなかなか魅力的です。


 


これから徐々に収録曲目を増やしていく予定です。ご期待ください

ご意見ご感想は rkita@kitake.com までお気軽にどうぞ。ただし最初のメールアドレスのrを取ってkitaアットマークkitake.comに送って下さい。ホームページ上のメールアドレスに対して自動的に広告メールを送るシステムがあるようです。広告メールが押し寄せて困っています。

ホームページに戻る